R2SRode 2 Shine - Project Road To Shine Hiroshima - Talangana

Program Archive

Road To Shine 2020

Road To Shine is a global innovation program that bridges India’s young, bright engineering talent with leading Hiroshima industries. Together, they design the future by building innovative products and services. This year, though the program was held virtually due to the COVID-19 pandemic, Indian engineers and Hiroshima industries successfully exchanged skill sets and cross-cultural insights. Three teams provided meaningful solutions and drove innovation across Japan and India.

Road To Shineはインドの若き優秀なエンジニアと広島県企業が繋がり、互いのスキル、視点、文化を交換し合いながら革新的なプロダクトやサービスを共創するグローバル・イノベーションプログラムです。COVID-19の影響で、2020年度のプログラムはすべてオンラインでの実施となりましたが、3つのチームから社会にインパクトを与えるソリューションやアイディアが生まれました。

Application website 2020

Project Road To Shine

Phase 1

Human Centered Innovation Program in Telangana

人間中心設計イノベーションプログラム in テランガナ

In phase 1 of the program, 20 engineers in Telangana state learned how to employ a human-centered approach when coming up with new products and services. Through a series of workshops and mentoring sessions, they learnt to design technologies that put people first and bring new values to socialy.

フェーズ1ではインド・テランガナ州の20組のエンジニアが革新的なプロダクトやサービスを生み出す手法として人間中心アプローチを学びました。ユーザー起点で価値を作るアイディア創造のプロセスをワークショップやメンタリングを通して体得しました。

Workshop

ワークショップ

Over the course of two months, four workshops were held to guide the 20 engineers on how to design solutions and systems from a human-centered perspective. For this year’s theme, “The future city you want to create,” participants envisioned their ideal future society and prototyped innovative products and services to realize their vision. Throughout the process, they defined a specific user, conducted user research, gathered insights, and iterated to ensure that the ideas they designed would be meaningful for the people they designed for.

今年度は「あなたがつくりたい未来の街」をテーマに、それぞれの参加者が理想の暮らしを描き、実現するためのプロダクトやサービスを構想しました。ワークショップでは人間中心アプローチにもとづいてユーザーを特定し、観察やインタビューによってユーザーを深く探求すること、そして自分たちのアイディアが本当にユーザーにとって意味のあるものかどうかを繰り返し考えながらアップデートする手法を学びました。

Mentorship

メンターシップ

Participants received 1-on-1 mentorship from leading Japanese and Indian experts with experiences across design, technology, industrial engineering, and more. The mentorship sessions held in between workshops gave innovators the opportunity to apply their newly gained human-centered design skills to their own ideas. Mentors graciously offered their time and expertise to guide through participants with turning their ideas into innovative, viable solutions.

各ワークショップの間にはデザインやテクノロジー、エンジニアリングなどの分野で優れた経歴をもつ、日本とインドのエキスパートたちによる1対1のメンタリングが提供されました。参加者はワークショップで学んだ人間中心のアプローチをメンターと相談しながら自らのアイディアに応用していきました。メンターたちの適切かつ親身なアドバイスによって多くの参加者の視点やアイディアがアップデートされました。

Final Presentation at T-Hub

最終発表会

8 teams from the program showcased the fruits of their journey by presenting their ideas, process, and insights at T-Hub. They introduced a variety of meaningful ideas that effectively utilized technology to drive social and societal change in India. Topics explored include: mental health care for youth, e-gadgets recycling, AI for retail, and more. Three teams were selected to collaborate with Hiroshima industries. Many teams continue to engineer innovative solutions for India even after the final presentation, as some have taken their ideas to launch new businesses.

選抜された8チームがインド最大級のインキュベーション施設 T-Hubにてアイディアとプロトタイプの発表を行いました。インドで活躍するゲストやメンターも同席した発表会では、若者のメンタルヘルスケア支援、電子機器のリサイクル、小売業のためのAI活用など多岐に渡るテーマが集まり、その中でも優れていた3チームがファイナリストとして選出されました。プログラム終了後も発表したアイディアの実現を目指して多くの参加者が開発を継続しています。

Phase 2

Collaborative Innovation Program in Hiroshima

コラボレーションイノベーションプログラム in 広島

In Phase 2 of the program, three top engineering teams were invited to pair up with three Hiroshima industries. They prototyped ideas that drive the future of healthcare, last one-mile delivery, and employment for minorities. The insightful discussions led to unique, human-centered ideas that effectively utilized advanced technologies, inspiring change in the way Hiroshima companies collaborate globally to drive digital transformation. Most teams have continued their partnership beyond this program to develop their ideas into viable products and services.

フェーズ2では、選抜された3組のインドエンジニアが広島の3企業とチームを組み「ヘルスケア」、「ラストワンマイルの配送」、「マイノリティの雇用」のテーマにもとづいてアイディア共創とプロトタイプ作成を行いました。各地域の現状や課題、先進事例を共有し合う過程で明らかになった日印の共通点や相違点は、アイディアにつながる強いインサイトとなりました。最終発表では各チームのディスカッションの軌跡とアイディアが発表され、プログラム終了後も広島企業とインド参加者との協働が続いています。R2Sプログラムをきっかけに、広島とインドが手を取り合ってデジタルトランスフォーメーションやグローバル化を推進する流れが生まれつつあります。

01The Future of Last One-Mile Delivery

How can we drive the future of one-last mile delivery through packaging?

これからのラストワンマイル配送を支える梱包のあり方とは?

With the rapid surge of e-commerce services, the significance of last-one mile delivery is exponentially growing. Together, Miyajima and Venkat prototyped interventions to elevate the experiences of those essential to the industry: last-one mile delivery workers.

e-コマースの急速な普及により、ラストワンマイル配送の重要性は飛躍的に高まっています。宮島とベンカットはこのラストワンマイルを支えている配達員のニーズや負担を軽減するためのアイディアを共に考えました

02The Future of Healthcare

How can we promote preventative health care?

予防を軸としたヘルスケアをどのように推進していくか?

Overnight, COVID-19’s impact has altered our awareness towards health. Digital Solutions Inc.(DSI) and Aashray together identified a fundamental shift in the future of healthcare: a growing need to enable preventative care before treatment.

COVID-19パンデミックは私たちの健康に対する意識を大きく変化させました。デジタルソリューション(DSI)とアシュレイは議論を重ねる中で、現在の治療中心のヘルスケアから、今後は予防を軸としたヘルスケアへの重要性が高まっていくことに注目しました。

03The Future of Employment for Minorities

How can we empower minorities through employment?

マイノリティたちが活躍できる仕事をどのように生み出せるか?

As the world economy stumbles with the novel coronavirus, the job market is ever-more competitive, particularly for minorities. Treasure Hunt and Annokriya explored how modern technology can build more inclusive and resilient job markets.

コロナパンデミックによって世界的に失業者数が増加し、特に高齢者や障害者の雇用市場はかつてないほどに競争が厳しくなっています。トレハンとアノクリヤはテクノロジーを用いて、包括的な雇用を生み出す方法をともに探りました。

Mentors

Karthi Subbaraman

XPERIAN Founder | CEO

Rajat Ojha

GAMITRONICS | CEO

Srikanth Peddibhotla

HAPPICITIES LAB | Founder & Chief Architect

Vivek Padmaji

ROCKLOBSTER GAMES | Founder

Chiho Sasaki

infield design inc. | CEO

Hideki Segawa

CREABLE | Owner

Shintaro Shitanaka

Sigma Corporation | Former Director of Strategic Planning

Naho Shigeta

InfoBridge | Founder & CEO

Fumiko Ichikawa

RE:PUBLIC | Founder & Managing Director